気温急激低下

 高井戸にて稽古。オギノ式はまだ具合が悪いらしい。彼がいなくなったら出生率はどうなるのだろう。どうもならねえな。

 朝から雨が降るうんざり気味の天気である。気温も昨日から15度も下がり、今年は季節の政権交代が急激だなと思わせる。マルコス政権打倒。チャウシェスク私刑。青春時代を彩った革命の数々が脳裏をよぎる。
 しかし、それでも稽古をする。もはやヤケクソである。役者もヤケクソである。

 荻原(しのちゃん)が演じる幼稚園の先生が、まことにいかがわしくて良い。いかがわしさを発見したら、拍車をかけるべしというのが、これまでの人生で学んだことなので、これから大いに拍車をかけよう。

 帰りの電車の中で、主役の丸山(マルちゃん)に、「おれ、やっと色んなアイディア出せるようになったっス」と、思いがけないことを言われた。マルちゃんはそのまま鼻息荒く帰っていった。
 いかんな。いよいよ台本しっかり書かないと。

 肝臓は小康状態を保っている。