王子で観劇

 ずっと台本を書いていた。外は雨。
 夕方、知り合いの芝居を観に、王子小劇場へ行く。最近睡眠時間が記録的に少ないので、後頭部がじんわりする。
 芝居後、劇場の玉山氏と演劇と地球の未来について語り合う。その後、なぜか打ち上げに参加。

 家に帰ってから猛烈に腹が減っていることに気づき、カ二かまぼこを食う。しかし焼け石に水。空腹が増すばかり。つまり、火に油を注ぐのと同じ結果。

 結論。「焼け石に水」と「火に油を注ぐ」は、兄弟だ。

 満足して寝る。朝の4時。