台本完成

 ラストシーンの台本を中心に稽古。色々な謎解きがいっぱい詰まったシーンが続く。マミちゃんなどは、「へえ、そうだったんだ」を連発した挙句、興奮のあまりオギノ式にハンディ腕相撲を挑んで勝利していた。
 「おまえ、肘つけろよ」とオギノ式は激昂していた。

 丸ちゃんとしのちゃんのシーンはそーっと作る。デリケートに稽古していく。
 健ちゃんは遂に教習所を卒業した。あとは試験場に行って学科を受けるのみ。
 竹内君は最近とみに明るくなり、表情も柔和になったようだ。
 オギノ式はちょっと疲れていて、先日も丸ちゃんに「てめえ俺のカレーパンどうしてくれるんだよ」と激昂していた。
 中山君は自主練の人になっている。
 横岳は、自分なりにベタの研究をしているという。
 マミちゃんはオリンピックで日本が金メダルを5個以上取ったら、5千円失うのだという。一体どういうことなのかわからんが。
 望月はサッカーについて「惜しかったね」以外まったくノーコメントだ。

 夜12時、ラーメン屋で半チャーハンセットを食ったら、お腹が割れるかと思った。