秋にムカつく

 台本の読みなおしをし、音響のきっかけチェックなどをしていたらあっという間に夕方になってしまった。
 三時に芝居を見に行く予定だったのだが、どうやらもうそんな時間はないらしい。

 高井戸稽古場はムカつくほど秋だった。6時になると太陽の野郎が沈みやがり、空気の野郎が涼しくなりやがる。
 ぶつぶつ状態に突入し、稽古へ。

 横岳、芝居中に丸ちゃんの頭を叩いたら、丸ちゃんが泡を吹いて落ちた。
 さすが、片手腕立てを楽々こなすだけあって、横岳の掌打は全盛期の佐竹ばりの破壊力を持つ。

 ゴールデンゴールデンゴールデンのシーンは、オギノ式がイニシアチブを取り、「ヨーロッパ編」を作ってきた。
 最近竹内君は笑い上戸になり、脳内麻薬の分泌量が増えている。

 秋のせいか、最近己の体が透明に見える。ヤバイな。