見つからない本と結婚免許

 昨日の夜は結婚したばかりの清水と掲示板で下らないことを書き過ぎた。彼も色々な意味で肩の荷がおりたのだろうか。
 
 それにしても、3週間前にスタイルシートをあちこちいじくったために、トップページの更新作業がはかどらない。
 あまりにも急激に知識を増やしたために、忘れるのも早いということか。
 俺の知識はバブルか?

 というわけで一向にドラクエは進まない。多分日本で一番進んでない。だってまだ買ってないもの。
 ビートルズアンソロジーは見つからないし、まあ、見つけようと思えば見つけられるんだけど、「いつでも買えるさ」という甘えが心のどこかにあり、先延ばしにしているわけ。
 そういえば5年前のCD版の「アンソロジー」も、いつだって買えるさとタカをくくっているうちに、今日まで買わずにきてしまった。
 これは意味深だ。
 「結婚なんていつだって出来るさ」
 なんてタカをくくっているうちに、遠いところまでいってしまうこともありうる。土星あたりまで。

 しかし最近の世の中、簡単に結婚できてしまうようになったな。
 ここは一つ「結婚免許」を制度化し、離婚するのはもったいないという価値観を作るしかないな。
 もちろん、無免許の結婚は五万円以下の罰金である。
 結婚していても駐車違反は罰金である。もちろん、どっちの意味の駐車違反も、である。

 夜、決算の計算作業をする。レシートや領収証が散乱し、俺は簡単にパニックを起こした。
 こういう時に誰かが電話をしてくれたら、ほっとするのだろうか?
 いやいや、どもるだけだな、多分。