花粉が過ぎると咳の季節

 平日到来。
 読書と仕事と晩酌の、心穏やかなる日々復活。

 「永久に去りぬ」読む。

 週間文春の書評には、今作が11作目の邦訳だと書いてあった。
 しかし、いくら数えても9作しか思い浮かばない。
 あとの2作は一体なんだ?
 こういうのはすごく気になる。

 夜、2週間ぶりにマラソンする。
 花粉を肺に吸い込んでいるせいか、咳が止まらない。
 毎年この季節になると咳ばかりしている。
 大体5月頃まで続く。
 幸い、喘息の発作のような苦しみは一切ないのだが、まことにうざったい。
 30分ほど咳をしながら走ると、300分走ったみたいに疲れた。