寝ぼけ癖

 俺はよく寝ぼける。
 そういう時は、たいてい頭は眠っている。
 よって、記憶が残っていない。

 今朝がそういう状態だった。
 朝飯を食って、電車に乗ったあたりのことを覚えていない。
 たぶんその頃、脳の大部分は眠っていたのだろう。

 夢の中を漂う感覚は夕方まで続いた。
 何だか、ラリってるみたいな気分だった。

 こういう時は本を読んでも頭に入らないし、頭に入らないことに気づかずどんどんページを進めてしまう。

 明日、望月と会い、制作の話し合いをすることに。

 台本を書きかけたが、世界観がまだ出来上がっておらず、ストーリーが転がりそうになかったので一旦破棄する。
 もう2週間ばかり、キャラクター設定などをほじくり返さないといけないだろう。