花粉の山場

 いやあ、参った。
 花粉のせいで一日中不幸せのどん底にいた。

 花粉対策も人それぞれだ。
 マスクをつける人、薬を飲む人、予防注射をする人、漢方薬を飲む人、ヨガをする人、気孔を試す人。
 中には、体に致命的な害のない寄生虫を、あえて飼う人もいるらしい。

 俺の場合は至極簡単である。
 極力くしゃみをしないこと。

 要するに、鼻がむずむずするのは鼻粘膜が花粉に反応しているからだ。
 強引に言い換えれば、鼻粘膜にじんましんが出来たようなもんだ。
 こういうのは掻いちゃ駄目、というのが俺の信念である。

 俺の場合、呼吸を規則正しく落ち着いて行うように努めていれば、ほとんどくしゃみは出ないのだ。
 ところが今朝、仕事に行く途中、うっかり自分の意志でくしゃみをしてしまった。
 鼻粘膜を掻いてしまった。
 後の祭りである。
 一度掻いたら止まらない。
 ということは、くしゃみが止まらない。
 いやあ、参った。

 夜になるとさすがに少し落ち着いたが、ストレスで疲労困憊し、何もする気が起きなかった。
 10時過ぎ、横岳から電話。

 「もしもし、ドカさんですか?」
 「はい。カスタマーサポートセンターの塚本です」
 「実は、玉村君のホームページを見ていて、メールと書いてあるところをクリックしたら、動かなくなってしまったんです」
 「今、パソコンはそのまま?」
 「はい。標準のメールクライアントがどうたらこうたら出ています」

 どうも、メーラーの設定をまだしていなかったみたいなのだ。
 すぐに、アカウントの設定をさせ、その場で俺宛に感謝メールを送らせる。

 結局台本は手をつけず。