チラシ進捗

 「ハイダウェイ」着々と読み進んでいる。
 身体に障害のある登場人物が出てくるところは、「バッドプレース」「ライトニング」と同じだ。
 出し方がちょっと鼻につく。

 仕事後、細田君に電話。
 チラシデザインを見せてもらうことになっていたので、合う時間を決める。
 8時に細田君の部屋に行くことになる。

 少し時間があいたので、京王線の中でゆっくりと本を読んでいた。
 しかし、府中に行くつもりだったのに、橋本行きに乗っていたことに気づいたのは、京王よみうりランド前だった。
 反対方向の電車はなかなか来なかった。

 緑が多い土地柄、生まれたての虫達が、漏電みたいな音で鳴いていた。

 府中駅から細田君の部屋までおよそ10分歩く。
 並木の桜は既に散っていた。

 「バカボンをイメージしたんですヨ」
 出来上がった絵は、芝居の内容を妙に彷彿させるもので、描かれたキャラクターが妙にかわいらしかった。
 スタッフ名のチェックと、デザインの付け加えなどについて話し、9時に部屋を辞す。

 バスで小金井に帰る。
 歩き回ったわけでもないのに、歩き回ったみたいに疲れていた。
 仕事の疲れが大きいだろう。

 疲れを残さぬよう、早めに布団を敷き、1時に寝る。