本ばかり

 「閉じられた環」下巻を一気に読了。
 タイトルから、余韻が残るラストを予想していたのだが、それほどでもなかった。

 「“化かされた古狐”亭の憂鬱」読了。
 貴族のプラント氏が少年相手にローリングストーンズの話をするくだりにがっかり。
 そんなはずねえだろ。
 しかも、面白くない。

 昼、街を歩くと、半袖の人ばかりだった。
 今月中に30℃を記録できるだろうか?

 新潮社から新しいマンガ週刊誌が創刊された。
 「北斗の拳」が連載されているとのことだったので、早速読んでみた。
 舞台設定が戦前の満州で、主人公は、かのリュウケンの兄貴らしい。
 女学校の教師をやっていた。

 全体を見渡して、マンガ雑誌作りが下手だという印象を受けた。
 ポリシーが感じられない。
 マンガそのものよりも、編集者が育つまでに時間がかかりそうだ。
 今年一年、もつかどうか。

 夜、松井智美から電話。
 稽古場の場所を伝え、そうめんについて話す。
 「そうめんは、どうでもいいですね」
 と、彼女。
 「たまに、さくらんぼとかミカンがついてくるじゃないですか。あれが、いやですね。本来の居場所じゃないですよ」
 「新天地を求めてやってきたんだよ、たぶん」
 「はあ」
 「だから、そんなに邪険にしちゃいけないよ。暖かく迎えてあげなくちゃ」
 結局1時間ほどだらだらと話す。

 「東京コメディアンの逆襲」を読み返す。
 小林信彦「日本の喜劇人」の二番煎じという感じがする。
 ただ、こんな本でも資料的価値は高いので、ついつい買ってしまうのである。