いまだ暗中模索

 昼前に台本の印刷を済ませ、所用のため渋谷へ。
 昨日まで続いていた悪の雨は滅び去った。
 悪が滅んだのはいいとして、ちょっと暑いかな。

 稽古まで時間が余ったので、新宿に行き、ロッテリアに入って人間ウォッチングをした。
 ただの人間ウォッチングではなく、醜男専門のウォッチング。
 一時間かけて、3人の逸材を発掘。

 6時から南中野で稽古。
 望めぐと谷口さん、来る。
 稽古前のマラソンで、左足首をほんのり痛める。

 一週間で台本を40ページまで書き、何とか面目をほどこしたといいたいが、実はいまだに暗中模索である。
 餃子と物語との関わりが、非常に難しい。

 大体、この話にしようとした動機が、「舞台で餃子食えたら、幸せだよな」という、あばれはっちゃく的無邪気さからきているのだ。
 それがどうだ。
 来る日も来る日も餃子のことを考え、今じゃちっとも食いたくないぜ。
 こんな悲しいことがあるだろうか?
 俺はもちろん悲しい。
 だが、俺のことが好きだったであろう餃子姉ちゃんも悲しかろう。

 悲しいのはおいといて、とにかくやるからには勝たなければいけない。
 勝つために作る餃子。
 何に勝つのか?
 もちろん、「何に勝つのか?」と聞いた奴に勝つのだ。

 9時40分になって、三代川が稽古場へ遊びに来た。
 すぐエチュードに参加させたが、相変わらず声がでかい。
 健ちゃんがツボを刺激され、大笑いしつづけていた。

 稽古後、中野新橋で飲む。
 女の子が揃うと、女の子同士で妙なチームを形成し始めるのが、今までの研究で明らかになっている。
 今回も例外ではなく、女3人揃ったら、かしましいったらありゃしない。

 が、女3人といえば問答無用で思い出されるのがキャンディーズ。
 あれが、台本で女の子を書く時の原点だ。