睡眠不足と稽古と観劇

 昼から稽古。
 なぜかしら眠かった。
 ミートパイを食べても眠かった。
 いつもなら元気になるのだが。

 山ちゃんが具合が悪くなり、健ちゃんと松井智美さんと3人で稽古。
 智美君には苦労をかける。

 出来た台本で稽古をしていたのだが、物足りなかったのでエチュードをした。
 「新妻教室の授業」というエチュードをする。

 何気なく、役作りについて智美君に聞いてみたら、小一時間ほど語ってくれた。
 彼女は、人間の暗黒面を、必要悪的に捉えた上での役作りを、なぜか身上としているとのことだ。

 山ちゃんが遅れて到着。
 智美君と掛け合いをしてもらう。
 結構面白い。

 5時に稽古終了。
 皆と別れ、中野MOMOにて、劇団空中バレエの「NO SALT ON HER TAIL」を観る。
 なんと、またもや宇原君&あやちゃんと遭遇。
 これって何かの運命だろうか?

 劇場が住宅地のど真ん中にある関係で、役者を劇場の外に呼び出すことができず、主催の坂に挨拶は出来なかった。
 大学の一年先輩である、岡本さんに声をかけられ、驚愕した。
 日ごろ、先輩に会うことが少なく、脳の中にある、最終アクセス日が3年前になっている「先輩対応ソフト」が起動した。
 しばらく、敬語の人となる。

 OZORAの村上が、となりの劇場の芝居を観に来ていた。
 いい店があるらしいというので、漠の臼井さんと3人で軽く飲みにいく。

 村上、なんと、ゲームプログラマー養成予備校で、シナリオの講師をしているとのこと。
 「ぼく、RPG、けっこう好きだったんで」

 教材に使うために、ある声優さんが出演したゲームソフトの台本を借りたが、18禁ゲームの台本だったという話には笑った。

 夜12時半、実家へ。