決算報告

 夕方、中野にて決算報告会。

 しかし、まだすべての清算が済んでおらず、本日は役者のチケット売上金返還の宴になった。

 公演自体は毎度のことながら、赤字である。
 ベタではあるが、頭の中に「明日があるさ」が流れる。

 返還が終わってから、「ギョーザ大作戦」出演役者達と久々に旧交を温めるように飲む。
 先日の打ち上げは夜遅くのスタートだったこともあって、あまり飲んだ気がしなかったのだ。

 智保ちゃんは飯野が10月にシアターグリーンでやる芝居に出演する。
 家城君は9月に自身が主催する団体、音速かたつむりの公演がある。
 山ちゃんも朗読公演に出演し、松井基展氏はチャリカルキの9月公演に出演する。
 何だか、みないろいろな予定が先に詰まっていて、妙に取り残されたような気分になってしまった。
 この気分ゆえに、人は芝居をやめられないのだといえよう。

 飲みは上品にエレガントに進み、11時前に解散となる。
 健ちゃんと、カタギノマタギ次回公演の台本話をしたのが、本日の収穫と言える。
 今、台本を書きたくてしかたがないのだ。
 最近役者をやることが多かったので、その反動かもしれない。

 うちに帰ってから、沈没。