自民圧勝

 涼しい週末が終わり、再び夏の日差しは本来の強さを取り戻した。
 いいことだ。
 ついでに中日ドラゴンズも本来の強さを取り戻しつつあるようだ。
 いいことだ。

 昨日の選挙は自民党が圧勝し、民主党以外の野党は苦しい結果だったようだ。
 比例区では舛添氏が最多票を集めたが、これは、氏の国際政治学者という経歴が与るところ大であろう。
 変革者よりブレーンを求める心理が、投票者にも働いたのだろうか。
 だとしたら、小泉内閣の支持率の高さイコール、感情移入の強さ、ということになろう。

 石原知事、田中知事、無党派閥知事の活躍、小泉内閣、舛添氏と巨泉の当選と見ていくと、求められる日本の政治家像が変わりつつあるように感じる。
 そういえば森首相は、典型的な昔風の政治家だった。
 最近活躍が目立つ政治家達は、何と言うか、討論番組の司会者風といった感じの人が多い気がする。

 夜は読書とビール。
 台本もほんの少し進める。