気温め、下がるな

 気温が下がった途端、体調がおかしくなってしまった。
 体が重く、頭が痛い。
 首の後ろに鉛が詰まった感じがする。

 おまけに、妙な夢をみた。
 先輩とアメリカに行く夢。
 なぜだ?

 こういう天気だと、一日が丸ごと憂鬱だ。
 夕立で涼しいのとはわけが違うのだ。

 話は変わり、最近部屋にネコがやって来る。
 以前来ていたのとは違うネコだ。
 夕方、餃子をあげたら、食わずに行っちまいやがった。

 「新平家物語」二巻を読み返す。
 平治の乱についてわからないことがあったのだ。
 今書いている台本の参考にしたかったのだが、そのまま取り入れるわけではなく、戦術戦略部分の参考にしたかったのだ。

 調子が悪い日には、本でも読んでおとなしくしているに限る。
 こういう日に無理して飲みに行ったりすると、大抵は自己嫌悪に陥る。
 ゆえに、今日は閉店。