ネバネバ歓喜

 昼過ぎあたりから徐々に暑さが戻ってきたようだ。
 空はまだ曇りだが、この分だと明日あたりから再び真夏日になるかもしれない。

 昨日も書いたが、最近、ネバネバした食い物にはまっている。
 納豆はもちろんのこと、オクラ、じゅんさい、山芋、モロヘイヤ、なめこ、めかぶ、などなど。
 基本的には炊きたてご飯にのせて食っちまう。

 炊きたてご飯だからいいというわけでもない。
 たとえば、マグロの刺身なんかは、実は炊きたてご飯よりは、ほんの少しぬるくなったご飯の方が合う。
 どんぶり物全般に関しても、ご飯部分が炊きたてみたいにアツアツだと、ちょっと食い辛いのだ。

 前述のネバネバ軍団は、生で食するだけに冷たい。
 それを、炊きたてアツアツご飯にぶっかけると、ちょうどいい温度になる。
 そういうことかもしれない。

 山芋は、そうめんを食う時にも結構使う。
 濃縮されためんつゆを薄める時、水の代わりにすりおろした山芋で薄め、生卵を一つ追加。
 あとは、ネギ、生姜、わさびなどを薬味として混ぜ、つけつゆにするのだ。
 そうめんなのに、ボリューム感があり、気に入っている。

 昨日、過去マグネシウムリボンでやった芝居の台本を探したのだが、見つからなかった。
 古いPCの古い一太郎で、フロッピーディスクに保存しておいたのだが、なにしろPC98形式なので、DOS/Vの2モードフロッピードライブでは読み込めないのだ。
 仕方がないのでテキストから打ち直そうと思い、印刷された台本を探したのだが、見つからない。
 貸した覚えはないので、どこかにあるとは思うのだが。
 もう一度書くのはちょいとしんどい。