掃除とメンテナンス

 部屋メンテナンスの日、とでも言っておこうか。
 朝からのどの調子が悪くて、外がいい感じに晴れていたのに、野川のほとりに散歩したり出来なかった。
 しかしせっかく休日の朝に目覚めたのだから、何かやってしまおうと思い、洗濯をした。

 ポークビーンズを作って食べ、冷凍庫と冷蔵庫の霜取り。
 特に冷凍庫の方は、霜が万年雪と化しており、へらで削って何とかなるというものではなかった。
 ドライヤーで強引に溶かしながら、およそ1リットル分はあろうかという氷を掻き出す。

 そして洗濯物を干す。

 続いて、コーヒーメーカーの掃除。
 普段あまり掃除しないような部分をこれでもかときれいにする。

 そして洗濯物を干す。

 午後、郵便局に書留を受け取りに行き、帰りに食料品の買い込み。
 突然、力士味噌を作りたくなり、鳥のひき肉と三温糖を買う。

 以前、「料理バンザイ!」で、相撲部屋のちゃんこ特集をやっており、その時にうまそうだったのを覚えていたのだ。
 ニンニクとひき肉をごま油で炒め、みりんと三温糖を加え、唐辛子、胡椒を足して、赤味噌を混ぜ入れていく。
 三温糖はレシピ通りの量を入れたのだが、出来上がった味噌は甘かった。
 次回は減らしてみよう。

 ジャガイモニンジンモロヘイヤの味噌汁を作り、きゅうりに力士味噌を添えて、晩飯。
 味噌は確かにうまい。きゅうりの消費量が増大しそうな予感。

 夜、小松に返事を書く。
 23ページとまではいかないが、結構な長さの手紙になった。
 しかし、この手紙に対してまた30ページほどの手紙を送ってきたりしたらちょっと嫌だ。