新宿歌舞伎町ビル火災

 昼にポテトサラダと切干大根の炒め物を食べる。
 あとは夕方までゴロゴロしていたが、外の世界はわりと平和なようだった。
 もっとも昨日の新宿みたいに、必ずどこかではネガティブな何かが起きているのだが。

 昨日起こった新宿歌舞伎町のビル火災は、史上最悪とのことだ。
 何をもってランク付けするのかよくわからないが、調べたところ、爆発後、ほんの二呼吸しか出来ないほどの煙がビル内に充満したとある。
 呼吸が止まれば動きも止まる。
 あとは火が、どうにかしてくれるわけだ。

 飛び降りて助かった人は、本当に良かった。

 夜、実家に帰る。
 日記を書きながら、リアルプレイヤーで80年代洋楽ヒット曲のラジオを聴く。
 ダン・ハートマンの「アイ・キャン・ドリーム・アバウト・ユー」がかかっていた。
 1984年夏のヒット曲でございます。
 映画、「ストリート・オブ・ファイアー」のサントラ曲でございます。

 60年代から70年代にかけての洋楽に親しんだ世代(団塊世代)からは、ばい菌みたいな言われ方をしていた80年代の洋学だが、今思うと、実に様々なジャンルの曲がヒットチャートを賑わしていて、音楽を聴き始めたばかりの小僧であった俺にとっては、実に豊穣な世界だったと思うのだ。
 あの頃は本当によくラジオを聞いていた。
 テレビよりも面白かった。

 おお、そうこうしているうちになんと、アーケーディアの「エレクション・デイ」が流れ始めたではないか。
 デュランデュランのサイモン、ニックらのユニットで、より耽美な音楽をめざしていましたね。
 パワーステーションとはまた違った味わいでございました。

 今夜は音楽を聴いて徹夜かな。