酔いの不始末

 8日付けの日記で、「不始末をしでかしてなければいいのだが」と書いた。
 どうやら、しでかしてしまったらしい。

 夕方、横岳に用事があって電話をした時にそれを知った。
 明け方近い頃、酩酊状態になって、うどんに唐辛子をしこたま入れて食ったり、米倉さんにからんだり、「俺は本当はこんなに飲んだら帰ってるんだよ。帰巣本能があるからな」とかなんとか言いながらまだ飲んだり。

 「うわあ、マジかよ…」
 「もう、最悪に酔っ払ってましたよ」

 米倉さんには相当激しくからんだりしたらしい。
 この場を借りても仕方ないのだが、もうしわけない。ごめんなさい。
 それから、関係者の皆様方にも、大変見苦しい思いをさせてしまい、もうしわけありませんでした。

 夕方、非常にばつの悪い思いをしながら稽古場に行くが、米倉さんは今週はあまり来られないらしかった。
 稽古の方は地道に進んでおり、一日顔を出さないだけで、何かの変化を感じることが出来た。

 台風が過ぎ去ったせいだろうか、地下一階にある稽古場は、異常に蒸し暑かった。
 が、汗をかくと「稽古してる」という気になるので、個人的には嫌いではない。

 うちに帰り、世界貿易センタービルのテロ事件を知る。
 真相は何処?
 喧嘩売る相手がでかすぎやしないか?