少年王者館初体験

 夕方、スズナリにて、少年王者舘を観る。

 映像を取り入れた演劇というものは、これまで色々観てきたが、どれもこれもピンとこないでいた。
 ピンとこないどころか、「志が違うのではないか?」と憤りを覚えるものも多かった。
 今日、少年王者舘を観て、初めて映像と演劇の正しい合体を確認した。
 いや、合体というよりも、作っていく過程において、映像と演劇の区別をつけていないのだろう。
 きっかけは極めて細かく、剃刀を首筋にあてられるような効果があり、それでいてまったく違和感がなかった。
 正直、脱帽した。

 が、役者のせりふはよく聞き取れず、ストーリーというか、筋みたいなものも皆目わからなかった。
 そういう風に観るものではないのだきっと。
 だから、一般の人よりも、演劇人が見た方がショックを受けるかもしれない。

 帰りに大戸屋で飯を食う。
 頭の中がボーっとしていた。
 久しぶりの体験だ。