公共料金貧乏

 昨日の夜11時30分に寝たら、夜中に何回か目を覚ましたみたいだが、覚えていない。
 朝、枕もとにみかんの皮があった。
 どうやら寝ぼけて食ったと思しい。

 篠田節子「弥勒」読みはじめる。

 昼休みに家賃や公共料金等を一気に払う。
 一気に貧乏になる。

 7時に帰宅。
 電気が止まっていた。
 営業所に電話をしてつないでもらう。
 待っている間に買い物を済ませる。
 玉ねぎ、パン、チーズ、塩、片手鍋、ヨーグルト、赤だし、豆板醤を買う。

 電気復旧後、雑炊を作って食べる。
 ジャガイモとにんじんを入れる。

 11時半からマラソン。
 ほぼ一ヶ月ぶりのマラソンだったので、無理せずゆっくり走る。
 息はあがらなかったが、筋肉は落ちていたみたいで、走り終わると腿の裏が張った。