小金井のまるしゅう

 夕方、久しぶりに「まるしゅう」でラーメンを食った。
 この店は、四谷にある「こもり」で修行した人が2年前に開店した旭川ラーメンの店で、味噌ラーメンがうまいのだ。

 寒空の下で並ぶこと20分、味噌ラーメン全部入りにありつけたのだが、スープが極端に少なくなっているように思えた。

 夜、台本をほんの少し書き足す。
 書き続けるためには明らかに資料が必要だ。
 が、いい資料ほどアカデミックなものになってしまい、芝居がルポルタージュっぽくなってしまう。
 情報を収集し、それを形にするプロセスの間に、ブラックボックスが必要。

 数珠に関する資料を収集。
 あと、食人の風習についても調べた。

 そういえばモンティ・パイソンのコントに、食人に関するものがあったと思う。
 遭難したボートの上で、「俺が死んだら俺の体をみんなで食ってくれ」と上官が言い、その料理法について云々するといった内容ではなかったか。