星野仙一の政治力

 星野仙一氏が阪神タイガースの監督に就任した。
 楽しみが増えた。

 星野さんは熱血監督のヴェールの下に、かなりしたたかな政治家の顔を持っている。
 辛口で知られる日刊ゲンダイの記者は、大勢のスポーツ紙の記者がいる中でいきなりこう言われたらしい。
 「日刊ゲンダイに悪口を書かれてこそ一人前や。確かにいいかげんな記事もあるが、悪口を書くのは、田中角栄とか大物ばかりだろう。みんなも見習わなければあかん」
 で、当の日刊ゲンダイはこういう見出しで記事にした。
 「確かに臭い。が、それは正しい。男らしい」
 日刊ゲンダイにこう書かせるのは並大抵のことではないのだ。
 機先を制すること、実に敏い。

 ヤフーBBをめぐり裁判まで行なわれるようになった。
 精神的苦痛を得たとして、訴えた男性がいるのだ。
 初公判でヤフー側は反証せず、引き伸ばし作戦にかかっているようだ。
 確かに各方面から聞こえるヤフーBBへの怨嗟の声は凄まじい。
 その中でもサポートセンターの対応が悪すぎるというのがかなり多い。

 サポートセンターで難しいのは、オペレーターの人数を増やしても、あまり意味がないということだ。
 判を押す権利を持ったマネージャークラスの人間はおそらく増えてはいまい。
 オペレーターのほとんどは外注業者の派遣やアルバイトだし、マニュアルにのっとったことしか言えないはずだ。

 去年はIT景気だったのだという。
 へえ、そうだったの? という感じだ。
 経済の繁栄は、騙される人が多いほど大きいのではないだろうか?
 去年はIT関連の知識に乏しい消費者が多かったが、今年になり、知識を得た騙されない消費者が増えてきた。
 その結果、確かにいいものだけ残る。
 が、業界全体を見通して、ピンからキリまであるような広がりが、急速に「いいものだけ」の「点」になってしまったことで、結果的にお金の流れが滞ってしまったのではなかろうか。
 こうなると、情報社会も諸刃の刃だ。
 賢く買い物する情報の伝達が早ければ、それだけ消費者は無駄なお金を使わずに済むが、その分損をするのは市場だろう。

 仕事後、久しぶりに丸ちゃんと電話。
 12月24日にやる「ゲリラ戦隊ゲキダーン」の打ち合わせをしようというのだ。
 新宿で会うことに。

 新宿には6時ごろ着き、待ち合わせまでの余った時間を紀伊国屋書店で過ごす。
 CD売り場ではジョージ・ハリスン追悼コーナーが設けられていた。
 が、予想通りというか案の定というか、EMIから出ているアルバムのみが並んでいて、欲しかった「慈愛の輝き」など、ワーナーから出ているアルバムはなかった。
 雑誌の音楽コーナーを見ると、河出書房夢ムックの「ジョージ・ハリスン」が山積みされていた。
 即、購入。

 7時半頃、丸ちゃんと会う。
 わっちゃんと山ちゃんも来た。

い譴い匹海?
い燭覆い匹海?

 いろはにほへとで飲みながら、ネタの相談。
 丸ちゃん、これまでに結構煮詰まっていたらしい。
 10時頃まで話す。
 次回は24日、本番の日に会うことに。
 どうなるのだろう。