ワーナー時代のジョージ作品

 意味もなく徹夜をし、朝昼と自堕落に布団の中にいた。
 起きたのは午後3時。
 おやつの時間だったが朝飯を食った。

 窓を全開し、掃除をする。
 いらない書類やこまごまとしたものを整理し、洗濯をし、台所の洗い物をし、本棚や机を拭き、掃除機をかけた。
 夕方、買い物へ。

 おせち料理の品々が沢山売っていたが、どれもこれも高かった。
 間違いなくぼったくってやがる。
 国民の皆さんは目を覚ますべきだ。

 鶏肉を買い、竹串に通してねぎまを作った。
 金網で焼こうとしたのだがすすがついて駄目だったのでグリルで焼いた。

 色々なCDショップでジョージ・ハリスンの追悼コーナーが設けられている。
 それは大変結構なことなのだが、東芝EMIから出ているアルバムのみというのはどういうことか。
 1976年以降のアルバムはワーナーから出ているのだが、ほぼすべて絶版となっている。
 この機会に再発売する気はないのだろうか。

 夜、カレーを作る。
 なんと夏以来だ。
 玉ねぎジャガイモにんじんをたっぷり使い、正統派の辛口に仕上げる。
 一晩寝かせればおいしくなるはず。
 どうか小金井大地震が起きたりしませんように。