大晦日丸かじり

 正月の準備パート2としてお煮しめを作った。
 実家バージョンよりもやや薄味にする。

 その他食材関係はおおむね買い揃えた。
 あとは時間が流れるのをボーっと眺めていればいいだけ。

 夕方、近所の銭湯に行き今年最後の垢落とし。

 7時半から紅白を見る。
 大晦日に紅白を見るなんて11年ぶりなので必要以上に力が入り、
 「真面目に見なければ」
 などと思ってしまった。
 裏でやっていた猪木vsK?1はビデオに録画した。

 今年はドリフターズが出場していた。
 いかりやさんの声が随分か細くなっていた。
 この1?2年で随分老け込んだように見える。

 老け込んだといえば加山雄三もそうだ。
 ヅラ疑惑とか言われていた時代が懐かしく思えるほど、たたずまいがおぼつかなかった。

 昔に比べて歌えない歌手がいなくなったのは密かに嬉しかった。
 若い世代がああも見事に歌ったりすると、中途半端なベテラン世代は存在意義を失うだろう。

 「紅白」「ゆく年くる年」を見終わってから近所の天神様に初詣に行った。
 普段は閑散としている神社なのに、200メートルほどの行列ができていたのには驚いた。

夜店は2軒だけでていた。たこやい箸錣寝杙劼任△襦?

 学問の神様ということもあってか中学生や高校生の姿が目に付いた。
 寒さに震えながら並んでいたら神社の人が甘酒を振舞ってくれた。
 大変おいしくいただいた。
 列を少し進むとお神酒が配られていた。
 こちらも大変おいしくいただいた。

 無事お参りを済ませ、おみくじは気合と根性で大吉をものにして、意気揚揚と帰宅。
 テレビで「オースチンパワーズデラックス」を観る。
 ヘザー・グラハムが可愛かった。
 日本語吹き替え版だったのだが、オースチンの声をやった山寺宏一さんは吹き替えのラップを見事にこなし、不自然さをまったく感じさせなかった。
 かなりうまい声優さんだと思った。