香川京子さま

 ブッシュ大統領が来日し、昨日は小泉総理の接待を受けていたらしい。
 居酒屋で飲んだとのことだ。
 田中真紀子辞任に伴う支持率低下を受けてか、このところデフレ対策などで小泉首相の動きがあわただしい。
 溺れるものは藁をも掴むといった感じだ。

 もし今小泉首相を支持するかと聞かれたら大分迷うだろうが、それでもやはり支持すると答えるつもりだ。
 パチンコに喩えるなら、この台が出ないと決めつけるにはまだ早い気がするのだ。
 もちろんまだ出てないし出る兆しもない。
 が、出ないと確定もできない。
 そして他の台は、出ない可能性が極めて高い。
 さらに、日本というパチンコ屋を出るわけにはいかない。
 となると今座っているこの台を打つしかない。

 イギリスの「英国病」は気が遠くなるほど長く続いた。
 アメリカだって1970年代からおよそ20年間ずっと停滞モードだった。
 日本の現状は確かに不景気だ。
 しかしそれを一年程度で何とかできる魔法のような改革なんてのは、絶対にない。
 歴史のバランス的にあり得ない。
 だが、20年後の人々が評価する改革案はあるように思う。
 そういうことなら小泉さんをまだ支持してもいいと思うのだった。
 小沢一郎が政権をとる可能性なんてないもんな。

 今の時代一番危ないのが「急進的」なことだと思う。
 野球でいえば明らかな一発狙いの大振り。

 こんな時代だからこそ塁にランナーを溜め、バントで進めてヒットで返す、そんな野球がしたい。

 仕事後実家へ帰る。
 タマネギを沢山使ってトマトスープを作る。
 ワインがなかったので日本酒を使ったら味が和風になった。

 ビデオで黒澤明の映画を2本見る。
 「天国と地獄」「まあだだよ」
 香川京子つながり。

 1963年公開の「天国と地獄」
 1993年公開の「まあだだよ」
 30年の間に俳優のレベルは格段に落ちたと思った。
 うまい人はもちろんうまいのだけど、ちょい役をやる人のレベルが絶望的に違う。
 「天国と地獄」なんて、工員役でほんのちょっと出ているのが東野英二郎だ。
 層が厚い。

 とはいえ「まあだだよ」は好きな映画なのだ。
 正しい酒の飲み方について考えることが多い映画だ。