眠いのに眠らず起きる辛さ

 一日中机に座っていても体調その他の波はある。
 集中力が増したり眠くなったり。

 眠くなった時の対処法は何があるだろう。
 俺はコーヒーを飲む。
 しかし缶コーヒーじゃほとんど効果が感じられない。
 ないよりはマシという程度だ。

 顔を洗うという方法もたまに使う。
 洗ってからしばらくは確かに頭が冴える気がするのだが、すぐ元通り眠くなってしまう。

 コンビニの栄養ドリンクコーナーにはカフェイン飲料が置いてある。
 一本300円と高いが、これを飲むと確かに眠気はとれる。
 しかし眠気は生理反応である。
 頭や体が睡眠を欲しているわけだ。
 カフェインの力で無理矢理起きているなんてことを繰り返していると、そのうち自律神経がやられてしまうに違いない。
 だからよっぽどのことがない限り飲まないようにしている。

 結局眠いのに起きていなければならない時は、眠気を感じながらも寝ないというまことに苦しい状態で過ごすことが多い。
 でもこれって半覚醒状態だから、脳の半分は寝ているはずなんだよな。

 仕事後本屋によってロバート・ゴダードの本を探すが見つからなかった。

 夜、マラソン。
 西国分寺まで走って来ようと思ったのだが、日立中央研究所あたりで膝が笑い始めたのでそこから折り返す。

 3月までにホームページのリニューアルと「夏の子プロ」の書き直しをするつもりで頑張っているが、いかんせん煩悩が多くて集中が途切れがちだ。
 映画版「シャイニング」を思い出した。
 自分を追い込まないようにしよう。