生き急ぐ桜たちと、さよなら千代田グリル

 停められる寸前のPHSの料金を朝一番で払う。

 花粉の季節が来て静電気とはおさらばできたと思っていたのだが、まだしつこくぴりぴりくる。
 防止グッズを持っていなかったので一日中不快な放電の恐怖に震えていなければならなかった。

 昼、パソコン作業に便利なグッズを探しにOA用品のディスカウントショップに行く。
 何を探したのかというと、ディスプレイに取り付けて書類を貼ったりすることができるボード。
 そんなものがあるのかどうかよくわからんのだが、あるような気がしていたのだ。
 でもなかった。
 夢でも見てたのだろうか。

 そのOA用品店から信号を渡れば「千代田グリル」
 しかし行かなかった。
 もうその必要はない。
 謎を解くために毎日通った結果、謎がないということがわかってしまったのだ。
 今、万感の思いを込めて言おう。
 さよなら千代田グリル。
 千代田グリルよ永遠に。

 というわけで昼飯は公園で菓子パンを食った。

これじゃ入学シーズンは葉桜だぜ

 目の前には生き急ぐ桜。
 その前を行き急ぐOL達。
 一人美人がいた。

 夕方本屋に寄る。
 島田紳助と松本人志の本「哲学」を読む。
 ”攻め”の幻冬舎刊。
 島田紳助の頭の良さがよくわかる。

 10年ぶりに定期券を買った。
 14100円。
 10年の経過を読みとれないものかと券を凝視してみたが、最後に買った1992年の定期と見た目は変わっていなかった。
 きっと見えないところが変わっているのだろう。
 磁性体とか、読みとりシステムとか。
 怖いのは朝寝ぼけて定期があることを忘れ、切符を買ってしまうことだ。
 気をつけよう。

 昨日読み終わった「歓喜の島」を返却ポスト経由で返す。
 鞄にある本は「嵐が丘」のみとなった。
 戯れに読み返すだけだったはずなのに、結構面白く読んでいる。

 何だか今日はどっぷりと疲れた。
 理由は飯を食ってないからだ。
 朝はフルーツとビスケット。
 昼は菓子パン2個とヨーグルト。
 夜はシーザーサラダとヨーグルト。
 炭水化物が足りない。

 DM原稿が完成したので業者に送ろうとしたのだが、ftp転送に使うIDとパスワードを教えてもらうのを失念していた。
 明日は休みだろうし、参った。