稽古最終日のご褒美ホール&オーツ

 稽古最終日。
 小金井の桜町上水会館にて稽古。

 昨日の通しで気がついた所を直し、その後通しをする。
 全体的に緊張感が漂い、いい出来だった。
 音はさりげなく入れたい。
 「ここで音楽を入れれば感動するよなあ」というきっかけを意図的にはずすのになかなか苦労する。
 うまく説明できないのだが、そういうきっかけはよっぽどのことがない限り入れてはいけないと思う。
 ある意味で誘惑との戦いだ。

 夕食後、照明の中山君と美和ちゃん来る。
 7時から2度目の通し。

 通し後、中山君とほんの少しだけ打ち合わせをし、舞監のオギノ君に明日のスケジュールを発表してもらってから稽古場撤収。
 音速の家城君と○×のノブ君が車を運んできてくれたので、駅までそれに乗せてもらう。

 10時帰宅。
 音の作業をしようと思っていたのだが、BSでホール&オーツのライブを放送していた。
 そういえば今日は七夕。
 短冊つるさなかったのに、つるした願いが叶ったかのような嬉しさだ。
 ファンが大人ばっかりだったのも良かった。
 そりゃそうだろうなあ。
 それにしても全編名曲のオンパレード。
 80年代の洋楽は良かったと今更ながら思った。