眠い眠い二日目

 7時起床。またしても目覚まし時計のなる前。
 決して睡眠時間を十分にとっているとは言えないのにこうした目覚め方をするのは、精神が臨戦態勢にあるからだと思った。
 思ったはずなのだが、9時から12時まで仕事をする間睡魔のため意識を失うこと十数回に及んだ。

 昼の1時頃渋谷のLE DECOにて押入展を見る。
 受付にモチメと赤川さんがいた。

 横岳と米倉の油彩にモチメの切り絵、赤川さんのCG、浅香の写真が展示されていた。
 作品の横に置かれたノートに感想を書き込む。
 ギャラリーは薄暗くて涼しいのでつい長居してしまいそうになった。

 3時に王子小劇場入り。
 後頭部が痛み、体が重く、眠たかった。
 しばらく舞台上で横になる。

 4時過ぎから思い出したようにそれぞれの役者に声をかけて駄目出しらしきことを言う。
 全体のムードは非常にリラックスしていた。

 6時半開場。
 照明オペの美和ちゃんと話しながら状況を見守る。
 受付に入ってくれた家城君から開演時間を聞かれたので、定刻にすると答えたのだが、その後遅れてやってきたお客さんがいたのか、結局5分押しの開演となる。

 最初のシーンがぎくしゃくしており、中盤までまったりとした展開になってしまった。
 が、中盤のマミちゃんシーンは良かった。阿部さんも良かった。
 この二人はいつもより良かった。

 漠の後輩臼井さんのお母さんから文庫本をいただいた。
 ばたばたしていたので挨拶できず。臼井さんに礼を言う。

 9時半に劇場を出て、和民で飲む。
 受付に入ってくれた山ちゃんの苦労話を聞く。

 12時近くまで飲み、望月、マミちゃん、家城君、阿部さんと南北線で帰る。
 1時過ぎ帰宅。
 シャワーを浴びてからメールチェックなどし、4時に眠る。
 今日は一日中、とにかく眠かった。