惚けたように朝の5時起き

 朝の5時に起きた。
 外は台風が荒れ狂っている。

 起きてパソコンに向かい、日記の更新やその他色々なことをする。
 そういえば今年はパソコンに対して道具以上の感情を持ったことがなかった。
 暇をみて、実家のパソコンのグレードアップをはかってみよう。
 とりあえずメモリーの増設だ。

 9時から仕事。
 当たり前だが、ちゃんと眠った後の仕事ははかどる。
 はかどればモチベーションもあがる。
 物事はこうして回転していくのだ。

 台風は昼過ぎに都心を通り過ぎた。

 夕方5時半、実家に帰る。
 冷蔵庫に刺身用のアジがあったので、刺身となめろうにする。

 早起きのし過ぎだろうか、7時半頃にはもう眠くて仕方がなかった。
 かといってそんな時間に寝ても起きるのは夜中になるに決まっている。
 だから、仮眠をした。

 11時半に起き、久しぶりにマラソン。
 「光陰」の稽古期間中はほとんど走れなかったのだ。
 稽古場の机に見えない紐で縛り付けられていたのだ。

 30分ほど走ってからシャワーを浴びる。
 やはり体を動かすのはいい。
 理屈抜きに。

 夜、ヤフーメールのアドレス帳を整理する。
 地味な作業である。
 公演直後の「魂が抜けたような状態」でないと、やろうと思わない作業かもしれない。