マジマザーに夢中

 11時起き。
 昨日の残りのハヤシライスを食べる。
 コーヒーを飲んで落ち着いてから台本書き。
 外はいい天気だったが、カーテンを締め切る。
 明るいとどうも調子が出ない。

 夕方、部屋の掃除をしてから買い物に行く。
 なにを食べようか、真剣に迷い、30分以上精肉コーナーをうろうろした。

 照り焼きチキンを作る。
 もも肉はあまり買わないのだけど、こうした食べ方をするとやはりコクがあってうまい。

 ジョギングはなし。
 走ろうかどうか迷ったのだが、明日から新しい一週間が始まるので、あえて体力を温存することにした。

 夜、マジレンジャーの第1話をビデオで見る。
 マジマザーに目が釘付けだ。
 でも深雪さん(マジマザー)は第2話で、魔導騎士ウルザードと戦って死んでしまうのだ。

 マジレンジャーは5人。
 変身する時、背景にCG効果の映像が流れる。
 マジレッドは炎。
 マジグリーンは大地の緑。
 マジピンクは花びらの色。
 マジブルーは海の色。
 マジイエローは雷。

 マジイエローが雷でほっとした。
 もしもバナナだったらどうしようかと思った。
 皮を地面に置いて、すべって転ばせるくらいしかできないだろう。
 ちなみにマジマザーはホワイトで、雪の色だ。

 第1話で、魔導騎士ウルザードが変身前のレッドを見逃してやるシーンがある。
 モチメ曰く、
 「ウルザードは彼ら5人の父親ではないだろうか」
 とのこと。
 スターウォーズみたいな設定だが、十分ありうる。
 ウルザードは魔法の<力>に心を囚われてしまったのだろう。

 だがそれだと、ウルザードとマジマザーが戦うのは、夫婦喧嘩ということになる。
 しかも双方巨大化して。

 マジマザーが子供たちにした説明によると、彼らの父親は命をかけてインフェルシア(悪いやつら)を封印した天空聖者なのだという。
 父親=ウルザード説を適用すれば、封印する際にかつての記憶を失い、今は悪の手先となっているということになろう。

 しかし、第2話でマジマザーが死んでしまったのは、大変残念だ。
 マジホワイトに変身するシーンを、もっと見たかった。
 敵をやっつけた後、
 「チェックメイト!」
 と言うのも、非常にいいし。
 世のお母さん方は、マジホワイトの動きをマスターすべきだ。

コメント

  1. ミレマ より:

    素敵すぎですよねマジマザー。
    魔法なんて信じないわよ、と言った次の瞬間変身しますからね。

    あーアニキ農場だけで食っていけるのかな、あの兄弟たち。
    心配だから蘇ってほしいマジマザー。
    マジブルーは癒しの魔法使いなら、ザオリクくらい覚えないもんかな。