大食

 2時に寝たら6時に目がさめてしまった。
 朝飯を食い、7時過ぎにまた寝る。
 眠かったわけじゃなく、なんとなく。
 8時半に起きた時、まるで徹夜明けみたいに眠かった。

 昼は『ギョーザ大作戦』書く。
 ようやく中盤だが、前半のほころびをまだつくろっていないから、もしかするともう後半なのかもしれない。

 夜7時帰宅。
 朝のニュースでは夕方からまた雨が降るようなことをいっていたのだが、予報ははずれたらしい。
 夜9時半からジョギング。
 西国分寺までゆっくり走る。

 ヒッチコックの生い立ちを書いた本を読む。
 幼少期のトラウマが、彼をスリラー監督にし、同時に食べ物への執着を生んだらしい。
 一番体重がある時で160キロを超えていたという。
 映画がなかったら一体何キロになっていたことか。

 モンティ・パイソンの『人生狂想曲』では、常識はずれの大食漢クレオソート氏が登場する。
 上品なレストランで、バケツに吐きながらすさまじい量を注文し、デザートのミントウェハースでついに胃袋が臨界点を超え、爆発してしまうのだ。
 グロすぎて笑ってしまう。