地球規模の崇高なるキャバクラ

 パーマ企画の細井さんから、11月公演の台本が届いた。
 シナリオライターの門肇さんの本。
 全体を通読し、登場人物の核になるのは誰になるかをぼんやりと考える。

 昼、トーストとベーコンエッグ、サラダを食べる。
 窓を開けると心地よい風が部屋に入ってくる。
 同時に虫も。
 ふくらはぎや内腿を3ヶ所刺されたが、放っておいたら20分くらいで治った。

 ビートルズアンソロジーは読むのが大変だ。
 重い。
 筋肉痛になる。
 しかし面白い。
 これまであったビートルズ本は、第三者の目で書かれたものがほとんどだったが、本書にはメンバーのインタビューが年代順に引用されているため、まるで彼らが書いた本みたいに思えてくるのだ。

 夜、親子丼を食べる。
 7時に歩いて国分寺に向かう。
 お鷹の道沿いの清流にホタルがいるというので、そろそろ見られるかもしれないと思ったのだ。
 しかし、まだホタルは飛んでいなかった。
 時期的に早すぎたか。

 走れる格好でお鷹の道まで歩いたので、そのままジョギングをした。
 萩山まで走る。
 昔働いていたバイク便の事務所があるあたりへ行ってみた。
 社長のお母さんがやっている小さなスナックがなくなり、駐車場になっていた。
 その店で忘年会をしたのだが、なくなっているとは思わなかった。

 一橋学園駅前を走る。
 大勝軒が今でもあるのか気になったが、見つからなかった。
 なくなってしまったのだろうか。

 うちに帰り、シャワーを浴びてからノア中継を見る。
 GHCジュニアヘビータッグのタイトルマッチ。
 チャンピオン丸藤・KENTA組と、金丸・杉浦組の試合。
 解説は鈴木みのる。
 会場には試合を見る高山の姿もあった。

 試合は、挑戦者チームが30分を超える激闘を制した。
 杉浦が良かった。
 勝つために大好きなキャバクラを我慢したという。
 こういうコメントは本人がちゃんと強くないと生きない。
 杉浦は昨年PRIDE武士道に出場して勝った時でさえ、キャバクラでもてるために出場したと公言しているので、誰も(またかよ)とは思わない。
 自然に「杉浦おめでとう!キャバクラ行ってこい!」という声援が飛ぶ。

 GHCはという意味らしい。
 これに対し秋山はという、白GHCを自主製作した。
 杉浦もというGHCベルトを、ダンボールを切り貼りして自主製作している。
 ダンボールなのに結構良く出来ていると評判の、GHCキャバクラ王座だ。
 今日の試合でそのベルトを巻いたかどうか定かではないが、もしも巻いていたらそれはひときわ輝いていたことだろう。