福龍飯店の夏

 昼、十日市場でモチメと待ち合わせ、福龍飯店で中華料理を食べる。
 1500円のコースを頼んだ。
 一つ一つの量はたいしたことないのだが、食べ終わると満腹になっていた。
 白身魚のマヨネーズソースがおいしかった。

 今日も暑い。
 頭皮、額、首筋、胸、背中、太股、膝の裏に汗をかく。
 遠い夏休み、部活の練習で走っていた時を思い出す。

 ここ数日、いくら寝ても寝たりない心地がしている。
 眠いのか、それとも疲れているのか、自分ではわからない。
 いったん横になると、床の裂け目からアメーバ状になった眠気の塊が体を包み込み、抵抗することも出来ずに深い眠りに落ちていく。
 夢は見ない。
 緊張の続く生活から突然解放されたため、体調そのものがチック症状を起こしているようだ。

 空耳アワーの映像をYoutubeで沢山見る。
 いっぺんに沢山見ると、笑い飽きる事実を確認。
 それから、空耳ネタに対する批評性は、なんの意味も持たないことも再確認。