2006年09月一覧

酒を控える

 明け方、金縛りに遭った。  こんなもの、そうそう遭うものではない。  両腕と両足が効かないのに、頭ははっきりしていた。  特に霊的な存在は...

だらだらと考える

 劇団について色々考えることがある。  あるどころの話じゃない。  旗揚げしてからどれだけ考えてきたか、時間に換算すれば相当なものだし、さら...

秋色

 ジェームズ・ケイン『郵便配達は二度ベルを鳴らす』読む。  ここから出たいと強く思っている女が出てくるので読んでみたのだけど、もっとどうしよ...

芸術と食欲とスポーツ

 日差しが強かった。  しかし風は涼しかった。  東京電力のデジタル温度計には24度と表示されていた。  昼過ぎ、根津の弥生美術館へ。  『...

GM資質の人

 広岡達朗『監督論』読む。  広岡氏といえばおそらくプロ野球界において、野球を論ずる知性の最も高いであろう人物であり、その点では野村克也と双...

手紙で物語る手法

 読みづらかった『同時代ゲーム』も、そろそろ読み終わりそうだ。  父から聞かされた、村の創世にまつわる神話を、妹に向けて手紙の形で書く兄。 ...

閉じこめられた町

 季節の変わり目の気温変動期をなんとかやり過ごした。  もう、夏のような蒸し暑い日はやってこないだろう。  その安心感もあり、心身の状態は上...

子猫殺しの波紋

 坂東眞砂子が日経新聞に掲載した記事が、大変な物議を醸している。  飼っている猫に子どもが産まれたら、崖の下に放り捨てているという文章。  ...

ご飯なしで秋刀魚

 涼しい日を台風が寄り切って、またまた暑い日がやって来たが、さすがに残暑とは呼べない。  日陰は涼しく、風が吹けばしのげる。  たかが電信柱...