ポリス再結成

先日のグラミー賞授賞式で、ポリスが再結成し「ロクサーヌ」を演奏したという。
困った時のYouTubeで、映像を見た。

ポリスは正式な解散宣言を出していなかったと記憶している。
高校生の時にベストアルバムが出て、その中に「高校教師’86」が入っていた。
だからその時点では解散していない。

グラミー賞の映像を見て思った。
やはり、スチュワート・コープランドのドラムがないと、ポリスの音は成り立たないのだ。
そういえばスティングのソロ作品で、ポリスを思わせる曲を聴いたことは一度もない。

なんにしても近頃、再結成と聞いてドキドキするバンドなんて滅多にない。
ニューアルバムは出るのか?

The Police で検索すれば、当然昔のプロモーションビデオがぞろぞろ引っかかる。
大好きな So lonely とか。
誰もが知ってる Every Breath You Take とか。

俺が一番好きなのは、Everything She Does Is Magic なのだ。
「なのだ」と力強く書いたつもりだが、同意してくれる人がいるかどうか。
この曲が収録されているアルバム『ゴースト・イン・ザ・マシーン』もすばらしい。

再結成したとしたら、ツアーはあるのか?
日本に来るのか?
来るとしたら、俺と同年代の連中は、色めきだつんじゃないか。

久々にMDで、ポリスのアルバム『シンクロニシティー』など聞いてみた。
83年にリリースされたのだけど、80年代の売れ線の音ではない。
そういえば当時このアルバムを聴いた時、どこがいいのかよくわからなかった。
(大人が褒めてるから、きっといいアルバムなんだろう)
と、権威に弱い子供丸出しで聞いていた。
今聞くと、思った以上に<ポリスっぽい>ことに驚かされる。
そしてポリスっぽさを醸し出すのは、スチュワート・コープランドのドラムなのだった。