漫画喫茶で始発待ち

夕方、中野のウエストエンドスタジオへ、劇団ちょーごーきんの芝居を見に行った。
三国志に主演した宮内利士郎さんが主宰する劇団だ。
田辺君と本山君が今回客演している。

6時半に劇場に着いた。
劇場の入り口で、照明の尾池さんと音響のSHOGOさんに会った。
客入れを大人しそうな男性がやっており、前説の途中で、「えーと」と言っていたのがおかしかった。

うらびれた街を舞台に、ヤクザやコリアンマフィアが抗争する、ハードボイルドテイストの芝居だった。
拳銃を使った接近戦の殺陣シーンは新鮮に感じた。
トシさんはヤクザを、田辺君はオヤジを、本山君は若者をそれぞれ演じていた。

終演後、中野で飲み、トシさん、田辺君、尾池さんと久しぶりに話す。
本山君は体調不良で帰った。

1時10分過ぎまで話をして、先に店を出た。
駅のシャッターが閉まっていた。
終電の時刻を読み違えたらしい。
タクシーで西荻に帰ろうかと思ったが、馬鹿馬鹿しいのでやめ、丸井の隣にある漫画喫茶に入った。
『サラリーマン金太郎』の20巻から30巻までを読むと、始発の出る時間だった。
5時半帰宅。