『舞妓Haaaan!!!』試写

家に帰ったのが朝の5時30分で、寝たのが5時半。
起きたのが7時半だった。
2時間しか眠っていないのに、通常よりもぐっすり眠ったためか、下手に4時間寝るよりは疲れがとれていた。

夕方、有楽町のよみうりホールでモチメと待ち合わせ。
阿部サダヲ主演映画『舞妓Haaaan!!!』の試写を見る。
いくつも応募していた試写会の抽選に当たったとのこと。

冒頭から阿部サダヲの演技はテンションが高く、客席は大いに受けていた。
しかし、ミュージカル風のシーンで、笑いの空気に水が差された。
監督は確か、『ぼくの魔法使い』の演出をした人ではなかったろうか。
あのドラマも、何話目かにミュージカル風のシーンがあり、違和感を覚えたものだった。

ミュージカルがいけないというのではなく、ミュージカル<風>にするのがいけない。
たとえば中島哲也監督の演出なら、もっと洗練されていただろう。

そんなマイナス点を差し引いても、楽しい映画だった。
阿部サダヲの魅力がぎっしり詰まっていた。

線路反対側にある鉄鍋餃子の店で夕食。
キュウリを豆板醤やごま油などで和えたものがおいしかった。

11時帰宅。
『弁天池の金魚』のDMに使う文の修正をしてから寝る。