台風と観劇

昼、久我山でつけ麺を食べる。
午前中、雨は強くなったり弱くなったりしていた。
12時半にいったん帰宅。
洗濯をして室内干しをしていたら、雨がやんだ。

再び雨が強くなる前に移動しようと思った。
家を出て大塚へ。
交通機関のトラブルなく無事到着。
マクドナルドで小一時間本を読んで時間をつぶし、萬劇場へ。

ねこさんこと、金子俊彦君のユニット<熊猫楼>の旗揚げ公演を観た。
受付にて深沢さんと真理菜ちゃんに会う。
客席でトシさん、カオリさん、コバちゃんと会う。

稽古場では戦国武将のような佇まいを見せるねこさんだが、できあがった作品は穏和で、市井に生きる人々のほのかな親密さを描写するものだった。
小田さんが善良な父親を落ち着いた芝居で演じており、キャリアの厚みが素直に見えた。

終演後、皆に挨拶する。
台風はいつの間にか通り過ぎており、東の空に虹が見えた。

トシさん、カオリさんと飲みに行く。
大塚の一休にて、ゆっくりと飲みながら色々は話をする。
途中、店のビンゴ大会に巻き込まれる。
自分はビンゴ運が皆無であることを再確認する結果に終わった。

10時近くまで飲んでから、熊猫楼の打ち上げに顔を出す。
深沢さんから来年夏の出演を依頼され、
「いいっすよ」
と答える。
8月末の公演でなければ、夏の芝居は嬉しい。
夏がまだ残っているからだ。

12時半に店を出る。
1時過ぎ帰宅。