瓦礫を舞う真央とキムヨナ

朝、トーストとラーメン食べる。
箱買いした「好きやねん」は確かに美味しいが、さすがに30袋もあると飽きてくる。

昼過ぎ、ランニング。
青梅街道を西へ。
ひばりヶ丘の手前まで往復。17キロ。

夕方、着替えて渋谷へ。
六本木通りの坂を上がったところにあるライブハウスで、原マスミさんとGさんのライブを観る。

ニヒル牛マガジンというサイトで、
「何々を何々風で」
という依頼を、見事に漫画にしてくれるスハラさんとう方がいる。
彼女が列に並んでいた。
モチメに紹介され、挨拶をする。
実は、ひょんなことからお題を考えることになり、「キムヨナと浅田真央を大友克洋風」にという依頼をさせてもらったのだ。
それが、これ。

脱帽。

ライブはまずGさんが歌い、次に原さん、最後に二人でジョイント。
Gさんは声が掠れていた。
「レインコート」が聴けたのは、ただもうありがたかった。
原さんはギターも歌も絶好調だった。
知り合いらしきおっちゃんが盛んに声をかけていた。

11時帰宅。
キムチと豆腐を食べる。