サジェッションはいらないの

水曜日に実家に帰った時に、古いPCに取り付けたSSDドライブを取り外した。
いつ取り付けたのかは、一昨年の夏。
日記はこれ。

朝8時起き。 仕事に行く前に吉祥寺の松井外科へ。 年に一度の健康診断を受ける。 病院はどこでもいいのだが、気が…

結局その後、実家PCを使う機会はほとんどなかったので、自分のデスクトップPCで使おうと思ったわけだ。
昨日の夜に取り付けたのだが、元のCドライブが500GBに対し、SSDは64GBと、サイズに大きな違いがあった。
元のドライブから余分なファイルを消し、パーティションを縮小するまでが一苦労だった。

今日は朝昼夜と順調に忙しく仕事。
昼は「パーシモン」でハンバーグランチを食べた。
サラダの小鉢、スープ、珈琲を頼んだ時に出てくるちょっとしたデザートなどに、手作りの暖かみがあって嬉しい。

夕方7時に仕事を上がり、錦糸町へ。
学生時代一緒に芝居をやっていた、シゲとふかやんと三人で飲み。

子育てにまつわる苦労話の他に、教職のふかやんは受け持ちクラスの大変さを語り、スーダンで援助活動の仕事をしているシゲは、難民という存在について語った。
二人の立場は違うのだが、たとえば難民の話になった時に、ふかやんはそこで教育が果たせる役割はないかという立場で話を聞いていた。
難民キャンプで生まれ、難民として食料を与えられて行き、そこで死ぬという人生は、想像がつかない。
簡単に言葉をつむいでしまうととがためらわれる。

そんな現場で仕事をしているシゲも、日本に帰れば子供二人の父親で、子育てに悩んでいる。
奥さんのタカハシに、ひとこと言って怒られたそうだ。
ふかやんは言った。
「そうなのよ、男の人って、こうしたらどうとか、アドバイスしようとすんのよ。でもね、たとえば私が学校ですごく大変なことがあって、家に帰って愚痴ったとするわよ? そんな時欲しいのは、そうだねえ、っていうひと言だけなのよ」
「…Suggestionはだめ?」
「サジェッションはいらないの!」
二人のいちばん面白いやりとりはそれだった。

終電近くまで話す。
楽しかった。
シゲと荻窪まで一緒に帰る。
来月のストーンズコンサート、彼の分までチケットを取っているのだが、その時日本にいるだろうか気になりながら別れた。

1時前帰宅。
SSDドライブのデータ移動を行う。
やり方がどこかおかしかったらしく、SSDからOSが起動しなかった。
あれこれ試すが失敗。
明け方近くに寝る。