どうかしてるぜ

5時55分に目覚ましが鳴った。夕べセットした時間は6時。睡眠状態のモニタリングで、5分早く起きるべしとAmdroidに判断されたのだ。外は薄暗く部屋は寒く、走る気にはとてもなれなかった。そもそも走るためにその時間にセットした記憶もなかった。二度寝のため7時に目覚ましをセットしなおす。

7時に起き、そぼろ納豆とお粥を食べる。お粥が主食になったのは2015年の春以降。一週間断食をしたのがきっかけだった。あの経験以前と以後に、過去の印象は分かれている。「最近」は2015年までで、それ以前は「けっこう前」になる。

ところが2012年の夏でも、過去の印象は分かれており、2013年や14年は「最近」かつ「けっこう前」という、妙な過去になっている。2015年の区切りもあるから、2012年以前は「かなり前」という感覚になる。

厄介なことに、2009年の夏も過去の区切りになっており、2010年は「最近」になってしまう。

朝青龍が引退したのは、「最近」かつ「けっこう前」かつ「かなり前」だ。

日馬富士が引退した。親方と話し合って決めたようで、政治はなさそう。年齢的なこともある。朝青龍が引退した年より、すでに三つ年上になっている。残念だが、事件後一貫して、正直に話そうとする態度を崩さず、逃げも隠れもしなかった。伊勢ケ浜親方の会見態度が悪いという批判は、俺にはよくわからない。誰に対する態度? 今回の事件は、レイシズムを浮き彫りにしてる。

アメリカのビデオゲーム産業について調べていたら、1977年と1983年に業界が危機に瀕しており、それを救ったのはどちらも日本企業ということがわかった。1978年のスペースインベーダーと、1985年のファミコン。アメリカ視点で言えば、救われたというより、日本企業に乗っ取られたという見え方かもしれない。

昼、「わいず」で台湾まぜそば食べる。接客してくれるおっちゃんが、てきぱきとしてかっこいい。江戸っ子のきっぷ。笑顔はないけど、男の接客に笑顔はいらないなと思った。混ぜそばはスパイスが効いていてうまし。追い飯で残った汁と具を掻っ込むのは快楽。

西村賢太『苦役列車』読了。バイト先で、初めて友達らしきものができた主人公か、付き合いを深めていくうちに、劣等感から無礼な態度をとったりして、結局は疎遠になってしまう話。友達に彼女がいることを知り、嫉妬のあまり部屋で妄想の虜となる場面が可笑しくて、笑ってしまった。さらっと私小説で書く正直さ。決して、ネタふうになっていないところが、潔いったらない。

日馬富士の会見、記事で読む。心がざわつき、胸が痛んだ。いいのかこの結末で? 伊勢ケ浜親方、断腸の思いだろう。「なぜこうなってしまったのか?」と言っていたが、ほんとにそうだ。質問から日馬富士を守るようにしていた。古風な筋の通し方。会見はサービス業務か? ホスピタリティのなさを批判してるように思える。どうかしてるぜ、世間。

夕方実家へ。おでんを食べる。実家の味は濃い目の関東炊き。

DVD-RWに焼いたドラマが見られないと父。パソコンだと見られる。デッキの互換性によるものか、はたまたファイナライズの問題か。焼き直してみたがダメだった。

ヘミングウェイ『武器よさらば』読む。