日常小間切れ

7時起き。朝食に鯵の塩焼き、納豆、大根おろし食べる。

朝のニュースを見る。
米朝首脳会談が近づいている。ちょっとドキドキした。
核保有は、武器は武器でも外交目的の武器で、それなくしては米朝会談に持っていけなかった。とすれば制裁措置で手放すはずがない。
年金のデータ入力ミスが発生し、委託された業者の社長がインタビューに応じていた。あまり大きな会社ではなく、入札に参加したのは他業者の相場を探るためだったらしい。ところがその業者しか見積もりをだした業者がいなかったため、引き受けることになったらしい。会社の能力を超えた案件であったらしく、淡々と答えている社長の姿を見ていると、同情せずにはいられなかった。

午前中、ルーティン作業。日々、新しい作業を覚えているが、再びツール作業に入ったら忘れてしまうのではないか。頭の中の、使用する部位が全然違うし。

右足は、親指を90度近く曲げると痛いが、普通に暮らしている限り痛みを感じなくなった。

昼、ランチ会に参加。同僚Sさん、プリン体の話をする。干し椎茸が高らしい。

いい天気だった。日なたを歩くと夏を感じた。

永福町経由で帰宅。すぐに水耕栽培の水を足す。

夕食にミルクとフルーツグラノーラを食べる。

「たまむすび」を聴く。リリー・フランキーがゲストだった。昔より声が良くなっているなあと思った。

1時過ぎまで起きていた。最近では珍しい。