稽古場日記一覧

夜型

 今、日記を調子に乗ってガンガン書いていたら、エディターが突然固まってしまい、魂の100行がデジタルの闇に消滅してしまった。  何てことだ。...

霊感少女シーン

 書いた台本のチェックをし、昼から中野弥生町で稽古。  山崎幸子田中智保コンビと、松井智美の初顔合わせ。  松井さん、緊張で顔面をどす黒く染...

日本語がわからない男

 中野弥生町で稽古。  音速かたつむりの家城君が稽古見学に来た。  山ちゃんの持ち札を増やす稽古をする。  先週は根暗な女性をやってもらっ...

景山民夫

 景山民夫が気になり、古本屋を巡る。  「虎口からの脱出」を探していたのだが、見つからず。  仕方ないので、エッセイ集などを立ち読みする。 ...

制作

 夕方、望月と会い、チケットについて話し合う。  制作の前田さんも来るはずだったのだが、大学の授業が遅くなり、来られなかった。

本ばかり

 「閉じられた環」下巻を一気に読了。  タイトルから、余韻が残るラストを予想していたのだが、それほどでもなかった。  「“化かされた古狐”...

引きの笑い

 朝7時半起床。  連続テレビ小説を見ながら朝食。  4月から始まった「ちゅらさん」だが、余貴美子さんの演技が堪能できるのが嬉しい。  9...

ハッスル真紀子

 呑気な日曜日を味わいたくて、昼の間はほとんど何も考えずに過ごした。  昨日、一昨日と、稽古で頭を使いすぎたため、ブドウ糖が枯渇してしまった...

食い物エチュード

 11時に起きたのだが、どういうわけだか異常なくらい眠かった。  6時間くらい眠ったのに。  鏡を見ると、色々な犯罪ジャンルに対応可能な顔に...

連休明け初稽古

 昼の3時、オギノ式から電話があった。  「もしもし、ドカさんですか、今どこにいますか」  仕事で六本木にいると答えると、  「何だ。そん...