台本完成直前

 起きてからすぐ稽古場へ。
 ラスト直前まで台本は書いた。

 山崎の知人である新井さんが見学に来た。
 途中で発声練習を一緒にした。

 夕方の休憩をはさみ、夜9時まで稽古。
 台本の進捗がいつもより数倍早いため、いつもなら本番2週間前に陥る気分に今なっている。
 ラストシーンを書く前にはいつもそういう気分になる。
 ただ展開をどうしようとか、そういうことに悩んでいるのではなく、つめてきたテーマやら考えが頭の中に一気に噴出してくるため、パニックを起こしてしまうのだ。

 帰りに「いろは」で少しだけ飲んだが、頭がぐるぐる回って困った。

 12時帰宅。
 シャワーを浴びてから飲み直す。
 あっという間に記憶が飛ぶ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。