ああミルコ

 昨日のPRIDEではミルコ・クロコップが負けた。
 議員活動と映画出演で多忙を極めており、練習する暇がなかったらしい。
 日本人では小川が勝った。
 やはり、かつて柔道日本一を極めた人は、ガチンコに強い。
 年齢的にもそろそろPRIDEスタイルの試合は厳しくなってくるだろうけど。

 最近はプロレスをはじめ、格闘技に全然興味が持てない。
 面白くないのだ。
 高田延彦が「総裁」としてヒールを演じているのは、かつて熱心にUWFを応援していた者としては神経を逆撫でされるような気になる。
 そもそもPRIDEは、高田とヒクソン・グレイシーの戦いを実現するために生まれた興行だったのに。
 本人は何の気なしにやってるんだろうな。
 いい人なんだろうけど。

 でも藤原嘉明だったらそういうことをやってもなぜか許せる。
 キャラの差か。

 敵を知りおのれを知れば百戦危うからずというが、おのれを知ることは難しい。
 いつだっておのれは、思っていたよりも10%ほどかっこ悪い。
 しかし不思議なもので、レスラーはおのれを知らないくらいの方が魅力的に映る。
 おのれを知ってちゃ、のし上がることなどできないからだろうか。

 昼、青山の公園そばにある民家の車庫で子猫を見かけた。
 生後3週間かそこらの小さい猫だ。
 親猫が誘導しようとしても、怖がってなかなか車の下から出てこなかった。
 親猫は引越しを試みていたようだ。
 人に見つかるたびに移転しているのかもしれない。

 浅田次郎「地下鉄にのって」読了。

 夜、サイト更新の続きをする。
 あっという間に12時を過ぎた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。