クッキーおじさん

 またも読む本がなく、小林信彦『おかしな男』を本棚から引っ張り出す。
 2001年以降は図書館を利用する頻度が高くなり、本棚の本はあふれることなく収まっている。
 買って数年経てば、本棚の本は淘汰されていく。
 こちとら書棚スペースに余裕のある身分じゃないのだ。
 そんな中、ここ十数年にわたって確実にスペースを確保する作家の一人が小林信彦。
 あとは、筒井康隆、カート・ヴォネガット、椎名誠と続く。

 夕方、実家へ。
 パックの寿司を食べるが、足りなかったので野菜炒めを作る。

 「子供達がクッキーを楽しみにしてるのよ」
 と母に言われる。
 コーヒーを飲む時のためにクッキーを焼き、余ったものを甥っ子達にあげたのだが、バター、小麦粉、砂糖、卵黄だけのシンプルな味が、2000年代生まれのミニ人間どもには新鮮だったようだ。
 「うまいよおじさん!」
 と言われりゃ、おじさんはハッスルする。

 そういえば、売っているクッキー・ビスケットのたぐいで、シンプルなものは実は少ない。
 Walkersのショートブレッドに人気があるのは、その味がシンプルで、素材を感じさせるからだ。

 そういえば最近、ロイヤルエジンバラのショートブレッドを見かけない。
 10年くらい前は明治屋で売っていたのだが。
 実は、Walkesよりこっちの方が好きだった。

 メジャーリーグ開幕戦。
 松井が4打数4安打の大活躍。
 WBC不参加によって、国賊でもあるかのような印象を世間に与えているが、こうして大活躍することでそんな印象は霧散する。
 結果がすべて、と言い切りたくはないが、結果を出せば物事が好転するのがスポーツの世界だ。

 城島が去った後のソフトバンクだが、心配ご無用とばかりの強さを発揮している。
 ここ数年で、小久保、井口、城島という選手を放出しているにもかかわらずだ。
 打率とか、防御率とか、選手の層とか、そういった数値のデータでははかれない強さが、今のソフトバンクにはある。
 全盛期の西武、阪急と戦って欲しい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。