上げたい俺とそうでない彼

11時小屋入り。
買い物がてら早稲田駅周辺へ。
昼飯に王将でチャーハンと餃子を食べる。
店を出ると餃子のタダ券を配っていた。
早くくれよ。

2時開演。
芝居の真ん中あたりで、昨日までテンションを上げていた部分が、落ち着いたものになる。
起動修正して上げようとすると、ブロックされる。
自分自身というより、役にブロックされているような感じだった。

(ここでそんなにでかい声出したくねえよ)

みたいに、キヨシという役が自分のペースで喋ろうとしている。
上げたい俺と上げたくない彼のせめぎ合いだった。

終演後、ソワレまで結構時間が余ったので、劇場周辺を散歩する。
途中で、同じく散歩中のモチメと遭遇。
うまいコロッケ屋が休みだったと報告を受ける。

大日本印刷のあたりまで歩く。
昔、バイク便をやっていた時に、そのあたりで配達仕事を待って待機していたのだ。
今回の芝居には、懐かしの町を訪れるシーンがあるので、感覚を刺激する意味でいい散歩となった。

夜、数の割に客席が埋まった感じになる。
距離感が近いので、お客さんの目を見すぎないようにする。

終演後、DMデザインの細田くん、オギノくん、忍くん、陽ちゃんらと馬場へ繰り出して飲む。
オギノくん、今年は恒輔と『サウンド・オブ・ミュージック』をやるし、AKB48も見に行くと吠えていた。
「(AKB48は)今のうちに見ておかないとと思う」
と細田くん。
二人でつるんで見に行く姿を、次回公演のチラシにできないかなと思った。
陽ちゃんと家族の話を色々。
「(三代川は)おれはマグの準劇団員だからって言ってます」
とのこと。
昨日三代川に話した電信柱の話を陽ちゃんにすると、怪訝そうな顔をしていた。

12時過ぎ帰宅。
風呂に入り、イソジンでうがい。
喉はあと1日なら十分もちそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました