ギターを片付けてふと

昼、外出。六本木へ。
恵比寿から日比谷線を使うが、丸の内線と大江戸線を使った方が早かったかもしれない。

永野さん出演の舞台観劇。
先日トツゲキで共演した、たかりょう君も客演。
5本のショートストーリー。
二人とも、良い仕事人ぶりを発揮。

終演後、挨拶する。
トツゲキ倶楽部のメンバーで、8月末に海に行くらしい。
たかりょう君は、行けないとのこと。
自分も、土日両日が厳しいことや、8月末はおそらく台本書きに忙しいこともあり、考えあぐねている。
お客さんで、中野さんも来ていた。

大江戸線と丸の内線で荻窪へ。
買い物をして6時前帰宅。

麻婆豆腐とラーメンを食べる。
中華定食みたいだ。

ロック食堂、本日閉店とのこと。
モチメは、おそらく朝までいるだろうと言っていた。
大騒ぎになるのだろうか。
ちょっと覗いてみたい気分もあったが、自分なりに最後のお別れは済ませたつもりだったので、やめにする。

通販で買った机と椅子が先週末に届いたので、それを組み立て、本棚スペースに配置する。
本棚の移動まではできなかった。
色々なものがその辺に置いてあったので片付ける。
ギターがあった。
久しぶりに弾いてみたら、指が恐ろしいほど動かず、簡単なコードすらままならなかった。
指先も痛かった。
家にギターがあったのは二十代前半までだった。
以来、ほとんど触っていない。
若い時は、ギターに触れている姿を人に見られるのがすごく嫌で、親や妹に隠れて練習していた。
家で一人弾いていて、誰か帰ってくると急いでギターをしまい、床に寝っ転がってマンガを読むフリをしていた。
恥ずかしかったのだ。
さすがに大人になり、どうやらそういう恥ずかしさはもう感じそうにないと思えたので、久しぶりに練習してみようと思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました